閉じる
Strengths

うるるBPOの強み

知恵・工夫を凝らし、真剣に寄り添うプロ集団。

ホームうるるBPOの強み

豊富なBPO業務実績

31,402案件を超える業務実績から
業界特有のニーズや課題に
対応できます

NTTドコモ
株式会社 明治
出光興産株式会社
三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社
日比谷花壇
日本体育大学
FOCUS
senshukai
エフピコ商事
株式会社ENG
英和株式会社
株式会社DeNAライフサイエンス
DDD
CIC第二電力
司法書士法人中央事務所
株式会社CHINTAI
株式会社キャスティングロード
ディーエムソリューションズ株式会社
アクリーグ株式会社
ベックマン・コールター株式会社
朝日紙業株式会社
総合事務サービス株式会社
株式会社LegalForce
ビジネスエンジニアリング株式会社
株式会社商業科学研究所
三井物産株式会社
株式会社Fusic
株式会社藤川紙業
株式会社インボイス
一般社団法人日本能率協会
日本振興株式会社
株式会社セルート
新明和工業株式会社
株式会社TMJ
株式会社 東発
株式会社アセンド
スパイダープラス株式会社
株式会社京都廣川書店

(一部抜粋)

うるるBPOに依頼する
メリット

Merit 01短納期

保有するリソースを組み合わせて使用したり、作業フローの見直しを行うことで、お客様のご希望納期内で作業完了を実現します。

Merit 02高品質

うるるBPOでは豊富な実績・経験があるからこそ、最適な業務フローを構築することができ、お客様の求める品質を担保しております。

Merit 03持続可能な支援

顧客企業の成長による「ボリューム増加に対応」しながら「増加するコストをセーブ」する運営体制の共創を行います。

3つの強みを掛け合わせて
うるるBPOが提供できること

01セキュリティ重視のお客様への
ソリューション

うるるBPOでは、お客様からお預かりする情報の安全且つ正確な管理を行うため、徳島県に高セキュリティの施設、徳島第1センター、徳島第2センター、徳島第3センターを設立しました。

うるるBPO徳島センターの特徴

情報セキュリティにおいて細心の注意を払い、情報セキュリティー認証資格(Pマーク、ISMS)に準拠した高セキュリティルームでBPO業務を行います。

入退室管理システムやゲート式金属探知機による強固なオフィスセキュリティ
リアルタイム監視が可能な防犯監視カメラシステム
二重構造のセキュリティルーム
Pマーク・ISMSの認定取得

実際にセキュリティの状態を確認したい場合は現地視察が可能です。

02クオリティ重視のお客様への
ソリューション
業務フローの確立

作業を開始する前に現状の業務フローの見直しを行います。お客様からのヒアリングを元にしたフローの見直しにより最もミスが少なく品質が上がる業務工程を確定します。さらに万全を期して本導入前の試験運用を行い、内容の確認をします。

入力の精度は約99.98%を確立

うるるBPOでは2人で1つのデータに対して入力を行っていきます。もし2人の間で入力されたデータに齟齬があった場合は3人目の人間が再度データ入力を行い、約99.98%のデータの正確性を確立しています。なお、お客様の要望により4人で1つのデータ入力を行う等さらなる精度を高めることも可能です。

実際にお客様からの要望をヒアリングし最適なソリューションをご提示させていただきます。

03コスト重視のお客様への
ソリューション
在宅ワーカーや海外リソースを利用したコスト削減

46万人以上の在宅ワーカーを保有するシュフティの活用や、海外オフショアセンター(中国、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、タイ、フィリピン、ブラジルなど)、障がい者やシニアの活用のノウハウも豊富にあるため業務内容に応じてコスト面での最適なご提案・ソリューションが可能となります。

クオリティとコストの組み合わせも可能

判断があまり必要としない業務を低コスト地域に委託し、高度かつ専門性を要する業務を国内で集中するといった国内外のリソースを組み合わせることにより、コスト削減を実現しつつ、クオリティの高い成果物を作ることも可能です。

AIと人力を併用した低コストでのサポート

AIの自動化能力と、海外リソースや在宅ワーカーの柔軟性・専門性を組み合わせることで、コスト効率良く、かつ品質の高いサービス提供が可能になります。AIが基本的な処理を担い、人間がより複雑かつ専門的な業務を行うことで、相乗効果を生み出し、全体のサービス品質を向上させることができます。

04納期重視のお客様への
ソリューション
24h稼働も可能

ブラジルと日本のリソースを活用することにより、日本が業務時間外の間にブラジルが稼働することで24時間の作業が可能となります。 このように時差を活用することで、終日運営が可能となり、スピードが求められるプロジェクトに対応することができます。

特定の時間帯のみ大量のリソースを割くことも可能

46万人という大規模なリソースプールを持つことにより、特定の時間帯に集中して大量のリソースを割くことが可能です。これにより、業務の需要が急増する状況でも柔軟に対応し、効率的な運営と高品質なサービスの提供を実現できます。